岩国市およびその近郊の不動産情報サイト[アルタス]

最終更新日 2019.05.07
賃貸との損益比較 引越しチェックリスト 岩国市暮らしのお役立ち 不動産用語集 ローンシュミレーション リンク集
 
査定の根拠と信憑性


不動産売却 正しい査定とは


査定金額が不動産会社によって違う訳 


前のページで、査定の種類と評価法についてご説明しましたが、全ての不動産会社がこれらの方法を用いて査定している訳ではありません。
「路線価や現在販売中の物件を調べたところ、これ位が相場ですね。」
こんな適当な査定も意外に多いのです。

そして、このような査定だと、個々の営業マンの個人的な好き嫌いの嗜好や性格によっても査定金額は変わってきてしまいます。
たとえば、「これでも売れるだろう」と思う楽観主義者は査定金額を高く出してきますし、「これで売れるのかなあ」と思う悲観主義者は査定金額を低く出してきます。
 
客観性に基づいた正確な査定がより良い売却の第一歩です
しかし、このような個人の感覚だけの客観性を欠いた査定が全て悪いと言ってる訳ではありません。
長年の経験で培ったプロの感覚というのは、なにも不動産取引に限ったことではありませんが、決して軽視出来ないものです。
けれども、それだけに頼った査定は正確性に欠くことが多いというのも、また事実です。

また、一番高い査定を出しておけば媒介依頼が取りやすいと考えて、とりあえず高く報告してみたり逆に、相場より随分と安く報告するなど、会社や個人によって査定の考え方も様々というのが不動産査定の実情です。



査定額の高低でなく、その根拠を見極めるべし! 


じゃあ、一体何を信じればいいの?ってことになりますが、大切なのは
査定金額の高い安いだけに一喜一憂せず

”その査定の根拠と信憑性で判断すること”

です。

また、査定報告を通じて、その会社や担当者の不動産に対する取り組み方や姿勢が見えてくるはずです。
耳に痛い話しや嫌な話でも、きちんと判りやすく説得力をもって伝えてくれるかどうか。
それを見極めることで、担当者の買主様への販売営業力もきっと垣間見えてくるはずです。


《関連リンク》

一番高い査定をしてくれた会社が高く売ってくれるの?
売却を成功させる不動産会社選び



査定の種類と方法にもどる<< | >>媒介契約の種類と特徴にすすむ
 

アルタスのカンタン!スピード!無料査定

 
株式会社アルタス / 店舗アクセス
自我の不遜を捨て様式に学ぶべし
先日とある新興分譲団地に行くことがあった。 区画の殆どは住宅メーカーの建築条件付き用地となっているため、其処此・・・


年末年始のお知らせ
平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。  誠に勝手ながら、下記の期間年末年始休業とさせていただきます。 ・・・


個人情報保護方針について